Event is FINISHED

公開講義「雲のように考える:コンテンポラリーアートはどこへいくのか」

Description

photo by: Nick Turpin


グローバル時代の芸術文化概論 特別公開講義

「雲のように考える:コンテンポラリーアートはどこへいくのか」

ハンス・ウルリッヒ・オブリスト


この度、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科では、本研究科・開講科目「グローバル 時代の芸術文化概論」の一環で、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト氏(キュレーター、ライター、サーペンタイン・ギャラリー・ディレクター)を招聘し、公開講義を開催いたします。

「雲のように考える:コンテンポラリー・アートはどこへいくのか」と題された本講義では、世界の第一線で活躍するオブリスト氏が、キュレーターとして、あるいはライターとして、世界各地を飛びまわりながら、理論と実践の間で日々考えていることについて語る、大変貴重な機会となります。ぜひご来場・ご聴講いただけましたら幸いです。

ゲスト講師:ハンス・ウルリッヒ・オブリスト
モデレーター:⻑谷川祐子 [東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授]
日時:2020年1月5日(日) 15:00-17:00
開場:14:30
会場:東京藝術大学上野キャンパス 音楽学部 5-109 教室
住所:東京都台東区上野公園12-8
*参加無料(要予約)、日英逐次通訳あり
*お席は先着順でのご案内となります。
*ご予約いただいた方でも、立ち見になる場合もありますので予めご了承ください。当日券はございません。
*ご予約はお一人につき一枚まででお願い致します。
*ご好評につき満席となりました。インターネット配信はこちらからご覧ください。

ハンス・ウルリッヒ・オブリスト|Hans Ulrich Obrist
キュレーター、ライター。2006 年からロンドンのサーペンタイン・ギャラリー共同ディレ クター。前職はパリ市立近代美術館のキュレーター。アーティストだけでなく、建築家、 科学者、デザイナー、映画監督、コレオグラファー、音楽家、思想家などと協働するな ど、学際的なアプローチで知られ、その活動は多岐にわたる。主な展覧会に「do it」 (1993 年)、「Take me (I'm Yours)」(1995 年)、「Cities on the Move」(1997〜 1999 年)、「Laboratorium」(1999 年)ほか、計 300 以上のキュレーションを手掛け る。主な著書に『コールハースは語る』(筑摩書房、2008 年)、『ザハ・ハディドは語 る』(筑摩書房、2010 年)『アイ・ウェイウェイは語る』(みすず書房、2011 年)、レ ム・コールハースと手がけた『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る......』(平 凡社、2012 年)、『キュレーション 「現代アート」をつくったキュレーターたち』(フ ィルムアート社、2013 年)、『キュレーションの方法:オブリストは語る』(河出書房新 社、2018 年)など多数。現在、世界で最も影響力のあるコンテンポラリー・キュレーター のひとり。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#508528 2020-01-04 22:25:25
More updates
Sun Jan 5, 2020
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 FULL
Venue Address
台東区上野公園12−8 Japan
Organizer
東京藝術大学国際芸術創造研究科
241 Followers
Attendees
236